Interview

- インターン生の言葉 -

胸を張って取り組んだ経験が就活の"軸"になる!

望月インタービュー写真1
明治大学四年 望月昌太(もちづきしょうた)

インターンを始めた理由は
何ですか?

 僕は、ディリットで働く前は、カフェでアルバイトをしていました。周りの人はただ時間をお金に換えているだけ。 「もっと向上心を持った人と働きたい」と感じてインターンを探し始めました。

 どうせインターンを始めるなら、自分にしかできないことをやってみたいと思ったので、営業職で探しました。 サイトでディリットを見つけてインターンをやっていると知り、成長できそうだなと思いインターンに参加することにしました。
望月インタービュー写真2

ディリットで働いてみて
どう感じましたか?

 結果的には、自分にはこの会社が一番合ってると思いました。それは、働いている人が良かったことが理由です。 周りのインターン生は向上心を持って働いているし、社長や社員の方も良い人でした。 何より、頑張っている人を心から応援するような社風が良いと思いました。

 あと、営業やマネジメントを通じて、自分の強みと弱みが分かりました。自分の強みは、人と人を結びつけることができることだと思います。 インターンでコミュニケーションを勉強させてもらい、さらに自分の強みが大きくなりました。
望月インタービュー写真3

就活でインターンをやってきた
ことが活かされましたか?

 就職活動では、他の人たちは、バイトやゼミの話をしていました。 面接官の立場になって考えても、バイトやゼミで頑張った経験を話されても興味をひかれないですよね。 個人的には、面接に大切なのは、やっていたことをただ話すことではなくて、問題が起きてそれに対してどう対応してきたか、のプロセスを話すことだと思います。

 僕は就職活動の際、ディリットで必死に働いた話をしました。営業やマネジメントをした経験で、間の取り方面接官の表情をみて話題をどうするかなどを判断できました。 あとは、反省と対策を徹底し、結果的に第一希望の就職先に内定を頂きました。

ここで結果を出したことが、
私の"自信"です!

水上インタービュー写真1
法政大学四年 水上志麻(みずかみしま)

インターンで身についたことを
教えてください。

 私は、最初は営業を行っていましたが、今は、新人の育成や研修、営業マンのモチベーション管理を担当しています。

 営業では、話すスピードや間、人の話をちゃんと聞くこと、相手に喋らすことなど、 一つ一つポイントを意識しないと成果に繋がらない為、自然とコミュニケーションのスキルが身に付きました。
水上インタービュー写真2

ディリットは
どういう環境ですか?

 ディリットにはチームがあり、チームで仲良く過ごしています。ただ仕事になると、一人のプロフェッショナルな人間として、必死に目標を追います。 このメリハリが、サークルと実際の仕事との差だと思います。

 加えて、マネージャー(大学生)がモチベーションが高いのを感じています。それは、社長の理念がしっかり浸透しているからだと思います。
水上インタービュー写真3

大学生の方に
伝えたいことはありますか?

 今、大学生の方へ、一番伝えたいことは「何となくで大学生活を終わらせないで欲しい」ということです。

考えなしに大学生活を終えてしまうと、就活も納得のいく結果にならないと思います。将来に漠然とした不安がある方がいたら、 実践を通じて成長できるディリットに来て欲しいです。